1. ホーム
  2. 製品情報
  3. TissueFAXS SPECTRA/Confocal/SL


TissueFAXS SPECTRA

スペクトルアンミキシングによるマルチススペクトル解析

TissueFAXS SPECTRA

製品概要

液晶可変フィルターによる多波長画像取得(ラムダスタック)と解析ソフトウエアStrataQuestによるアンミキシング処理で、高精度多波長解析を実現しました。

TissueFAXSシリーズ(正立、倒立)からのアップグレードが可能です。


ラムダスタック画像の解析により、他チャネルの漏れ込みシグナル、自家蛍光、バックグラウンドを検出。生データからこれらのシグナルを除去(アンミキシング)して画像の精度を高めます。

マウス脾臓4チャネル画像の例(右図)
生データでは強い自家蛍光とチャンネル間クロストークの影響で不鮮明な画像(上)をStrataQuestのアンミキシングエンジン(中)で自家蛍光、クロストークシグナルを抽出、除去処理し、その結果、鮮明な画像(下)が得られます。



TissueFAXS Confocal

スピニングディスク共焦点システムによる高速、広範囲共焦点画像取得

TissueFAXS Confocal

製品概要

スピニングディスク共焦点システムはレーザー共焦点に比べて、広範囲の画像を高速に撮影することが可能です。
TissueFAXSシステムの高精度、高速バーチャルスライド作製技術との相乗効果が、高度な解析を実現します。

TissueFAXSシリーズ(正立、倒立)からのアップグレードが可能です。


マウス全脳スライスサンプルの画像例(右)

面積: 61,18 mm2
組織厚さ: 60 µm
総視野数:350 FOVs(X20対物レンズ)
染色チャネル数:4 channels
Zスタック:21 layers、
インターバル 1.5 µm

総画像数:29.400 images、(115 GB)

メインレイヤースキャン時間: 8.5 min
全画像スキャン時間: 1.5 h



TissueFAXS SL

自動スライドローダーによるハイスループット画像取得

TissueFAXS SL

製品概要

120枚のスライドを搭載し、自動画像取得を行うハイスループットシステムです。共焦点システムとの組み合わせも可能。

TissueFAXSシリーズ(正立)からのアップグレードが可能です。


TissueFAXS SL

ユーザーフレンドリーなオペレーションソフトウエアによって簡便な操作を実現。

プレビューの終了はメールで通知されユーザーのバリデーション後、本撮影に入ります。
本撮影が終了するとメールで通知、取得画像のバリデーションはオペレーションソフトウエアのインターフェース上で簡単実施できます。



製品情報

セルバイオロジー関連製品

電気生理関連製品

抗体・ELISA KIT・他試薬類

残留農薬迅速検査キット

  • アグリケム
    ・残留農薬(有機リン酸系、カーバメイト系)の迅速検出キット
ページの先頭へ